一般のスマホ修理業者のデメリット

新しいタイプの機種は修理の対象外になることがある

一般のスマホ修理業者は、キャリアと比べて修理代金が安く済むことがありますが、発売されたばかりの機種については修理に対応してもらえないケースも珍しくありません。また、新機種のパーツ交換の際に高額な部品代を請求されたり、アフターサポートが不十分だったりすることもあります。そのため、やむを得ず一般のスマホ修理業者に依頼をする場合には、多くの顧客から支持されているところや、適正価格で修理を受け付けてくれるところを探すことがポイントです。もしも、修理可能な機種について詳しく調べたい場合には、ホームページやSNSを開設している修理業者を選んで、それぞれの業者の得意な修理の内容について把握をすることがおすすめです。

修理の担当者の技術に問題があるところも多い

一般のスマホ修理業者は、修理に関するライセンスや経験を持つ担当者が少ないため、業者によっては修理後に新しい問題が発生するリスクがあります。例えば、数ある業者の中でも開業から間もないところや、若手のスタッフが多いところは、担当者によってサービスの質にバラつきが出ることがあります。こうしたトラブルを防ぐには、各業者がネット上で公開している過去の修理事例に目を通したり、経験豊富なスタッフのプロフィールを確認したりして、安心して依頼できるところを見極めることがおすすめです。その他、余計な費用を掛けないために、修理後に三年から五年ほどの保証期間が設定されている一般のスマホ修理業者にお世話になることが大事です。